【CodeCamp】コードキャンプのWebマスターコースを実際に受講して感じたこと【脱サラ40代】

【CodeCamp】コードキャンプのWebマスターコースを実際に受講して感じたこと【脱サラ40代】 プログラミング学習
この記事を書いた人
モン

1980年生まれ。A型。福岡在住の行政書士。2級FP技能士。
40歳にして脱サラ。令和2年度行政書士試験一発合格。2021年5月に「そよぎ行政書士事務所」を開設。
自身の経験をもとに脱サラに悩む30代〜40代を応援したい。
詳しくはこちら

モンをフォローする

こんにちは、モンです。

2020年11月からプログラミングスクール「CodeCamp(コードキャンプ)」を受講しました。

先日、Webマスターコースを修了することができました。

Webマスターコース修了証

僕の基本的なスペック

・文系大学卒業の40代
・ExcelやIllustratorは多少触ることができる
・プログラミングは完全に初心者

実際にコードキャンプのWebマスターコースを受講して、感じたことをお伝えしたいと思います。

この記事がオススメな人

・コードキャンプのWebマスターコースに興味がある人
・実際受講した感想を聞きたい人
・どの程度のスキルが身につくのか気になる人

結論としては

・コードキャンプのWebマスターコースはおすすめです。
・ただし、すぐにフリーランスで仕事を取れるスキルを身につけるのは難しいです。
・受講後も継続して学習することが大事です。

モン
モン

プログラミング学習を始めるきっかけとしてはとてもおすすめです。独学だけではなかなか続きません。

コードキャンプのWebマスターコースとは

codecampwebmaster

WEBマスターコースとは

コードキャンプのWebマスターコースで習得できるのは、Webサイト作成に必要なプログラミング言語です。

具体的には、HTML / CSS / JavaScript / jQuery / PHP / MySQL(データベースシステム)です。

この言語を学びながら実際に課題の中で、

・料理レシピ検索サイト
・掲示板機能
・カート機能付きECサイト
・ログイン、パスワード認証、検索などの機能

を作成していきます。

【実際にHTMLの課題で僕が作ったページ】※画像は提供されているもの
html課題
モン
モン

Webマスターコースで、Webサイトを作成する上で必要な基礎知識を身につけることができると思います。

Webマスターコースの学習の流れ

コードキャンプは「完全オンライン完結型」のスクールです。

時間や場所に限られること無く、自分のペースで学習できるのがメリットです。

webマスターコースの流れ

マンツーマンレッスンはどんな感じ?

codecamplesson

マンツーマンレッスンでは、現役のエンジニアの講師の方のレッスンをオンラインで受けることができます。

好きな講師のレッスンを予約することができます。

講師の当たり外れは多いのか

講師の方がどんな方が多いのかは気になるところだと思います。

人の相性もあると思いますので、合わない講師にあたる可能性はあります。

僕の場合は幸い、丁寧で分かりやすい説明をしてくださる講師の方が多かったです。

ただ、一人だけ全く相性の合わない講師の方に当たりました。

僕が質問するまで、ほとんど喋ってもらえず、聞いたことを一言二言で返すだけの講師でした。

レッスンの40分が非常に長く感じました。これは辛かったです。

ただ、レッスンを受けた後にその講師のフィードバック評価を行うことができます。

それもあって、多くの講師の方はしっかり丁寧に教えてくれると思いますよ。

モン
モン

本当に合わないときは「退出」を希望したほうが良いかも。

フィードバック評価

顔出しはしないといけないのか

レッスンでの顔出しは必須ではないと思います。

僕は特に気にせず顔出ししていましたが。

顔出しが気になる人は、カメラをオフにすればよいかと思います。

オンラインレッスンで必要なものは何か

【オンラインレッスンの必要なもの】
・Googleアカウント(GoogleMeetを使用するため)
・PC
・ネット環境
・ヘッドセット(PCにマイクがあれば不要)

僕はMacBookのカメラと、安価なヘッドセットで受講していました。

特に回線が途切れたり、音声が聞きとりにくいなどは無かったですね。

こちらで環境チェックができるみたいなので確認してみると良いかもしれません。

オンラインレッスンの環境チェック

コードキャンプ Webマスターコースの【メリット】とは

料金が安くて始めやすい

コードキャンプ料金

コードキャンプのWebマスターコースは2ヶ月コースで148,000円(税抜)で受講できます。

入学金は別途30,000円(税抜)かかります。

習得できる言語やレッスンの回数・内容にもよるので一概に比較はできませんが、

テックキャンプ
(短期集中コース)
648,000円(税抜)
DMM WEBCAMP
(短期集中コース)
628,000円(税抜)
侍エンジニア塾
(10週コース)
210,000円(税抜)
ポテパンキャンプ
(WEBアプリケーションコース)
200,000円(税抜)

他のスクールのコースと比較しても、低価格で始めやすいコースだと思います。

完全オンライン完結型のため、時間や場所の自由度が高い

場所と時間が自由

完全オンライン完結型のスクールなのは大きなメリットです。

あくまで自分のタイミングでレッスンを予約して、自宅で受講することができます。

空いた時間にプログラミングを学びたい会社員や主婦にとっては大きなメリットですね。

コードキャンプ Webマスターコースの【デメリット】とは

レッスンありきの難易度設定でテキストが分かりにくい

WEBマスターコースでは、基本的にコードキャンプのHP上のテキストで学習していきます。

そのテキストに分かりにくい点、説明が足りない点が一部見られます。

・コードエディタの設定方法や使用方法
・急に難しくなるレッスン内課題
・レッスン課題で初めてみる要素が出てくる など

テキストはあえて説明不足にしておいて、マンツーマンレッスンで補足する設定にしているんだと思います。

モン
モン

受講者にレッスンを多く受けてほしいというコードキャンプ側の意図があるんでしょうね。

ちなみに、2ヶ月コースでは、レッスン20回分のポイントが付いてきます。

ポイントが不足した場合は、追加で購入ができます。(1回5,500円(税抜))

質問がしたいタイミングで聞くことができない

完全オンライン型レッスンはもちろんデメリットもあります。

レッスンはあくまで予約制のため、自習中分からない所があった時にその場で質問することはできません。

質問したい点をあらかじめまとめておく。

それをレッスンのときに一気に質問する形で学習を進めることになります。

モン
モン

その場で解決したいんだけどできない、というストレスは多少あります。

Webマスターコースで、フリーランスで即独立できるのか

フリーランスエンジニア

結論を言うと、そこまでのスキルは身につかないと思います。

もちろん、プログラミング初心者と経験者では違うとは思いますが。

コードキャンプのWEBマスターコースを受講することで、

Web ページを作るプログラミングの基礎を学ぶことができる、ということです。

あくまで、プログラミングを学ぶきっかけとして捉えたほうが良いと思います。

プログラミングの独学では、途中で挫折する確率がかなり高いと思います。

プロの講師に学びながら、基礎を学べるというところにプログラミングスクールの価値があります。

その点でも、自分のペースで学べるコードキャンプのWEBマスターコースはおすすめできます。

実際にWEBマスターコースを受講した僕のオススメの学習方法

受講期間は余裕を持って決めるべき

WEBマスターコースは、2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月コースから選択できます。

僕は2ヶ月コースを選択しました。

週の学習目安時間が20〜25時間とあったので「これくらいならいけるだろう」と。

結局2ヶ月では、時間が足りず、追加料金(30,000円)を支払い1ヶ月追加することになりました。

モン
モン

受講期間に余裕がないと、落ち着いて学習することができません。長めのプランにしたほうが安心です。

お気に入りの講師を見つけよう

レッスンの講師は、自分で選ぶことができます。

最初のうちはいろいろな講師の方のレッスンを受けたほうが良いと思います。

その中で分かりやすい講師、相性の良い講師が見つかると思います。

その後は、そのお気に入りの講師のレッスンを増やしていくといいと思います。

同じ講師であれば、受講生のレベルや進捗状況を把握してもらえます。

毎回のレッスンが効率的になり、学習もしやすくなります。

レッスンはできるだけ後半に残そう

テキストが後半になるに従って、レッスンで講師に質問する必要が増えてきます。

前半でレッスンを多く受けすぎると、後半でポイントが足りなくなる恐れがあります。

前半はできる限り自分で学習を進めて、少ないレッスンでまとめて質問をするようにしたほうが良いです。

その分後半に余裕を持って学習することができます。

ちなみに僕のレッスンポイントの消費ペースは以下の通りです。

オリエンテーション 1回
HTML・CSS 2回
JavaScript・JQuery 2回
PHP・MySQL 12回
キャリアトーク 3回
合計 20回
モン
モン

「キャリアトーク』では、IT企業の転職や、フリーランスとしての必要な知識など今後のキャリア形成について相談ができます。

まずは無料体験を受けてみるのがおすすめ

無料体験

無料体験レッスンを受講すると受講料20,000円オフになるクーポンがもらえます。(2021年2月19日現在)

自分の目的にあったコースや学習方法など、いろいろ質問することができます。

体験レッスンを受けた上で、自分に合わないと思えばもちろん受講は断ってもOKです。

無料体験レッスン後にしつこく受講を勧誘されることは全くありませんでした。

その場で決める必要もないのでじっくり考えて決めましょう。

モン
モン

レッスンとありますが、オリエンテーションですので気楽に受けることができますよ。分からないことをたくさん質問しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「コードキャンプのWebマスターコース」についてまとめました。

40代、プログラミング初心者として実際に受講した僕の感想は以下の通りです。

・コードキャンプのWebマスターコースはおすすめです。
・ただし、すぐにフリーランスで仕事を取れるスキルを身につけるのは難しいです。
・受講後も継続して学習することが大事です。

Web ページを作成するプログラミング知識の基礎を学ぶ上で、コードキャンプのWEBマスターコースはおすすめできます。

プログラミングを始めるきっかけとしては最適かと思います。

まずは、無料体験レッスンを受けてみましょう!

参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました