独立・開業には必須のWeb集客の基本【Webマーケティング学習】

eyecatch573 Webマーケティング
この記事を書いた人
モン

1980年生まれ。A型。福岡在住の行政書士。2級FP技能士。
40歳にして脱サラ。令和2年度行政書士試験一発合格。2021年5月に「そよぎ行政書士事務所」を開設。
自身の経験をもとに脱サラに悩む30代〜40代を応援したい。
詳しくはこちら

モンをフォローする

こんにちは。モンです。

脱サラして独立・開業を考える上でWebマーケティングは避けては通れません。

Webマーケティングとは、インターネット媒体をつかった販売・集客戦略です。

Webマーケティングが大事なことは分かっているけど、何から始めたら良いかわからない。

そもそもWebマーケティングって何?どういうものがあるの?

という人も多いかと思います。

しかし、現代において、多くの消費者はスマホやパソコンを使って、インターネット上の情報を収集して、サービスを依頼したり商品を購入します。ネット集客術を持たずに事業を成功させるのは困難です。

僕は、11月に脱サラし、今は行政書士としての開業を目指しています。行政書士として事業を行っていく上でもWeb集客の知識が必須になります。

そこで、この記事ではWebマーケティングにはどのような種類があるのか簡単にまとめてみようと思います。

モン
モン

例のごとく僕自身の学習も兼ねています(笑)

この記事を見れば、独立・開業を成功させる上での必須知識である、Webマーケティングの概要が確認できるかと思いますのでぜひご確認ください。

 

ホームページを作成する

ホームページを作成する

ネット集客の基本となるのは、ホームページ(Web サイト)です。

自社の紹介や、サービスや商品の内容を掲載したホームページを作成し、そこに訪れた人から商品の購入や依頼に繋がる仕組みを作ります。

このホームページにいかに多くの人を誘導できるか、そして成果につなげることができるか、これがWebマーケティングの最終目標になります。

モン
モン

現代においてホームページは名刺より大事な存在かもしれませんね。

ホームページを作成するのは、手間や費用がかかることも多いため、ブログやSNSのみで集客する人もいますが、この記事ではホームページを作成し、そこに集客する流れで内容をまとめています。

検索エンジンからの集客を強化する(SEO対策)

SEO対策

SEO対策(Search Engine Optimization)とは
Googleやyahooなどの検索エンジンで自社サイトが上位に掲載されるように行う対策のこと。

自社サイトが、検索エンジンで上位に掲載されれば、多くの集客が見込めます。
まず購入や依頼のニーズがあり、そのうえで検索をして流入してくるため、成果につながる可能性の高い優良な顧客となる可能性が高く、SEO対策は非常に重要な対策となります。

ただ検索で上位に表示させるためには、Googleやyahooなどの評価基準に沿ったサイトを作成する必要がありますが、そのアルゴリズムは明確には公表されていません。

その上で定期的にそのアルゴリズム自体が変更されることもあるため、SEO対策は、その時々に合った対策に修正していく必要があります。

【SEO対策の例】
質の高いコンテンツを作成する
専門性の高いサイトにする
被リンクや内部リンクを充実させる など
モン
モン

最近は、コンテンツの質が非常に重要視されているようですね。ユーザーの抱える問題や課題をしっかり解決できるサイトが必要とされています。

 

ネット有料広告で集客を強化する

SEO対策は、成果が出るまでに時間がかかるため、短期間で成果を上げるためにネット有料広告を利用することも考えられます。

リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果の上部の広告枠に掲載される広告のことです。

キーワードを選定した上で広告を掲載することができるので、自分が求める顧客に向けてダイレクトにアピールすることができます。

ただし、広告が1クリックされるたびに広告費が発生します。競合が多いキーワードになればなるほど、クリック単価が高くなります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトを閲覧しているときにページ中や、サイドの広告枠に表示される広告のことです。

ディスプレイ広告の特徴としてはユーザーの好みや検索履歴などの嗜好を反映した広告であること、バナー画像や動画などを埋め込むことができる、外観の訴求力の高い広告となります。

ただし、ユーザーは関係のないサイトを閲覧している場合も多く、あくまで潜在的な需要を喚起する広告の特徴が強いため、個人や中小企業よりも、ネームバリューのある大企業向けの広告である印象があります。

SNSで集客を強化する

SNS集客

TwitterやFacebookなどのSNSでフォロワー数を増やし、自社サイトやサービスに誘導するのも非常に重要となります。

SNSは無料で始められるので、自分自身やサービスを知ってもらうためにも、重要なコンテンツになりますね。

各SNSのWebマーケティングにおける特徴としては、

Facebook 年齢層高め 本名が基本のためビジネス利用で信用を得やすい。
Twitter 年齢層低め アクティブユーザーが多い。140文字制限があり手軽さが強み。
Instagram 女性が多め 写真の配信が基本のため有形サービスに繋げやすい。
LINE@ ヘビーユーザーの囲い込みに有効。地域のつながりにも強い。
YouTube 利用者が多い 参入のハードルは高いが、集客効果はかなり強い。

こんな感じでしょうか。あくまで僕の印象です。

今のブームは完全にYouTubeですよね。動画の撮影、編集、顔出しをするのかしないのかなど
参入のハードルは比較的高いと思いますが、集客効果は非常に強いと思います。

グーグルマップからの集客を強化する(MEO対策)

Googleマイビジネス
MEO対策(Map Engine Optimization)とは
グーグルマップに表示される店舗や施設を上位表示させるための施策のこと
レストランや施設を探すときに、Google Mapで「福岡 居酒屋」「博多駅 交番」など
地域名と業種やサービス名で検索することがありますよね。
その検索結果の上位に自分の会社や店が表示されるようになると、高い集客効果が見込まれます。
Googleマイビジネスに無料で登録することで、検索結果に表示されることになるため、開業したらすぐに登録をすべきかと思います。
【MEO対策の例】
細かい店舗情報や写真などを多く掲載する
いい口コミを集める など

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、独立・開業をする上で必ず必要となるWebマーケティングについて、どのような種類があるのかについて、まとめていました。

今回取り上げた以外にもWebマーケティングには、

■ポータルサイトへの出稿
■アフィリエイト広告
■SNS上の広告

など、様々な手法があります。

自分が開業する事業や、行うサービスの内容に合わせて、Web集客の手法を選んだり
組み合わせていくことが非常に大事かと思います。

僕自身の今後のWebマーケティングの方向性としては、

・まずはSNSやブログを通して、僕自身を多くの人に知ってもらう。
・クオリティの高いホームページを作成して、SEO対策をコツコツ行っていく。
・ポイントを見つけて、リスティング広告も行う。

こんなところでしょうか。

今やっているTwitterやブログをしっかり成長させていくことが、
今後の事業を成功させる意味でも非常に重要になるのかな、と思います。

今後も、Web集客の細かい内容や、実例などを紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました