【GA4】Googleアナリティクス4が分からない!だったら旧バージョンを導入すれば大丈夫。

eyecatch1008 Webマーケティング
この記事を書いた人
モン

1980年生まれ。A型。福岡在住の行政書士。2級FP技能士。
40歳にして脱サラ。令和2年度行政書士試験一発合格。2021年5月に「そよぎ行政書士事務所」を開設。
自身の経験をもとに脱サラに悩む30代〜40代を応援したい。
詳しくはこちら

モンをフォローする

こんにちはモンです。

ブログやホームページのアクセスを解析するためにGoogleアナリティクスを導入する人は多いともいます。

Googleアナリティクスは「ブログの訪問者数はどのくらいか」「訪問者はどこからアクセスしているのか」などを無料で解析できる便利なツールです。

ただ最近Googleアナリティクスを導入した人で

あれ?PV(ページビュー)ってどこで見ればいいの?

Googleアナリティクスの解説サイトと画面が違うんだけど…

と悩んでいる人が多くいるのではないでしょうか。

それは、Googleアナリティクスの新しいバージョン「Googleアナリティクス4」(GA4)を導入していることが原因です。

GA4は前世代の「ユニバーサルアナリティクス」(UA)に変わり、2020年10月にリリースされました。

Googleアナリティクス4(GA4)…2020年10月リリースの新バージョン
ユニバーサルアナリティクス(UA)…以前からリリースされている旧バージョン

2020年10月以降、GA4がデフォルトで選択されることになったため、2020年10月以降にGoogleアナリティクスを導入した人は、GA4のみを選択している可能性が高いです。

GA4はアナリティクス初心者にとってはデメリットが大きいです。

【GA4のデメリット】
・収集されるデータが細かく、上級者向きである
解説サイトや解説本が少なく、理解がしにくい

GA4の運用が難しい場合は、旧バージョンの「UA」を導入することができます。

旧バージョンのUAはアナリティクス初心者にとってメリットが多いです。

【UAのメリット】
・PVや直帰率など知りたい情報を直感的に確認することができる
解説サイトや解説本が多く、学習コストが低い
この記事では、GA4とUAの大きな違いと、UAの導入方法について解説します。
モン
モン

Googleアナリティクスの運用方法など詳しい情報は、他の詳しい解説サイトで確認してくださいね。

新バージョン(GA4)と旧バージョン(UA)の違いについて

そもそも画面の表示内容が大きく違う

Analyticstigai

そもそもGA4とUAでは表示されている画面の内容が大きく違います。

GA4のサイドメニューはUAと比較して「エンゲージメント」「収益化」など項目が大幅に増加しています。

PV(ページビュー)がどこにあるか分かりにくい

PVの場所

サイト初心者がGoogleアナリティクスを利用する上で、まず確認したいのは

PV数(ページビュー)「自分のサイトがどのくらいアクセスされているのか」

ではないでしょうか。

UAではページビュー数は独立して表示されていたのに対し、GA4ではあくまでイベントの中の1つとして表示されます。

「昨日のPVはどのぐらいかな」程度の確認をしたい場合であれば、UAの方が分かりやすいです。

ページ中心の集計から行動中心の集計に変更

今回のUAからGA4への仕様変更により、ページ中心の変更から行動中心の集計に変更されているとのことです。

ページ中心の集計(UA)
・何回サイトにアクセスが有ったのか(PV数)
・1ページだけで離脱した人の割合は(直帰率)など
行動中心の集計(GA4)
・どのくらいの時間サイトに滞在したのか(エンゲージメント時間)
・1ページ内での行動はどうだったか(スクロール数、クリック数など)
モン
モン

同じ1回のアクセスでも、ページを開いてすぐ離脱した場合と、最後までスクロールして離脱した場合は違いますよね。

このアナリティクスの仕様変更から

Googleは、単純なアクセス数ではなく、ユーザーの行動内容でサイトの評価を行っている

ということがわかります。

ただ多くアクセスされるだけでなく、「長時間滞在されている」「スクロールされて最後まで読まれている」サイトが優良なサイトとして認められます。

検索順位にも反映されるのは明白です。

アナリティクス初心者にとっては直感的に分かりやすいUAは使いやすいですが、今後はGA4についても理解を深める必要はありそうです。

旧バージョン(UA)を導入する方法

Googleアナリティクス4プロパティをデフォルトで導入した場合でも、旧バージョン(UA)を追加で導入することは可能です。

UA設定方法01

「管理>プロパティ>+プロパティを作成}をクリック

UA導入方法03

UA導入方法05

「プロパティの作成」画面で、「詳細オプションを表示」をクリックすると「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」の項目が表示されます。

UAだけを作成することも可能ですが、今後GA4も利用することを考慮して両方作成するのがオススメです。

その後「ビジネス情報ページ」でチェックを入れれば作成完了です。

その後測定IDやグローバルサイトタグを、自分のサイトの環境に合わせて設定すれば運用スタートとなります。

僕はWordPressでcocoonを利用しているので下記のサイトを参考にしました。

[初心者向け]最新版Googleアナリティクスと「GA4」設定方法
2020年10月「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」が公開されました。ですが、今回初めてアナリティクスを設置するという初心者の方にとっては「以前」も「今」も関係ないと思います。ここではサラっと「GA4」と「じゃない方(UA)」両方を設置する方法を…

UA導入07

UA導入後は、アナリティクスホーム画面上部の「すべてのアカウント>」の項目でプロパティを切り替えられます。

モン
モン

これで、UA導入完了!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は新しいGoogleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクス(UA)の違いと、UAの導入方法についてまとめました。

・アナリティクス初心者は直感的で分かりやすいUAの導入がオススメ
・Googleの評価はページ中心→行動中心で判断されるようになっている
・今後のサイト改善のためにGA4も併せて導入してもよい

参考にしていただければ幸いです。

モン
モン

今後GA4の解説サイトや解説本が増えると嬉しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました